頭皮 加齢臭 シャンプー

活性酸素は皮脂を酸化させる元

活性酸素は皮脂を酸化させる元

 

活性酸素という言葉は、メディアなどで多く取り上げられていますので、目にしている方も多いでしょう。
活性酸素がどのような物かと言うと、通常の酸素と比較した場合、物質を酸化する力が強いという特徴が
あります。人間の体の老化を促す物質でもあり、皮脂を酸化させて、ノネナールを発生させる原因にも
なっています。

 

 

○活性酸素はどうして発生するのか
活性酸素が発生する仕組みは、最初に人体の中に、入った酸素を赤血球が細胞へ運び、
、脂肪や糖分を燃やしてエネルギーに変えます。その時に使われた酸素の内の約2%が
活性酸素になると言われています。活性酸素を発生する原因として、よくあげられるのは
紫外線・電磁波・激しい運動・喫煙・排気ガス・ストレス・加工食品等です。普段の生活の中で、
タバコや加工食品といったものは、気をつけようと思えば気をつけられますが、紫外線や電磁波は
なかなか対策が難しいものです。本来人間の体の中には、活性酸素が発生した場合、活性酸素を消去しようと
する働きがあります。しかし、加齢によって、その働きが弱くなるため、活性酸素が増えてしまいます。
そのため、皮脂の酸化が促進されて、ノネナールの量も増えてしまいます。これを防ぐためには、抗酸化作用の
高い成分を摂ることが必要になります。

 

 

○抗酸化ビタミンは、ノネナールの抑制に効果的
*ビタミンEを多く含む食品
(アーモンド、ポーナッツ、ラッカセイ、玄米、麦芽舞い、ひまわり油、キウイ、プルーン、ブルーベリー、うなぎ、鮭、サバ、
カレイ、ししゃも、ぶり、マグロ、さつまいも、かぼちゃ、ホウレンソウ、ニラ、たけのこ、シソの葉など)
アンチエイジング効果の高いことで注目されるビタミンEには、油脂の酸化を抑える効果もあります。
同じく、抗酸化作用の高いビタミンCと一緒に摂ると、ビタミンCがサポートすることにより、より高いビタミンEの効果も期待できます。
ビタミンEは熱や酸に強い性質があり、こわれにくいので、調理しやすいビタミンです。

 

*ビタミンCを多く含む食品
(レモン、いちご、キウイ、アセロラ、柿、オレンジ、みかん、ピーマン、トマト、春菊、ニラ、カリフラワー、ホウレンソウ、
小松菜、ブロッコリー、ししとう、はっさく、ゴーヤなど)
抗酸化作用の高いビタミンとして、真っ先にあげられるのがビタミンCです。食品単体で摂っても、高い効果を望めますが、食品で摂取する以外にも、
加齢臭に効果的な方法があります。ビタミンCの豊富なレモン汁に浸したタオルで体をマッサージすることで、直接皮脂線に直に働きかけ
皮脂を取り除くことができます。

 

 

*βカロテンを多く含む食品
(ホウレンソウ、人参、トマト、かぼちゃ、パセリ、小松菜、春菊、モロヘイヤなど)
緑黄色野菜に豊富に含まれいるβカロテンは、抗酸化作用の高いビタミンです。体内に入ると必要な量に応じて
ビタミンAに変わり、効き目をあらわします。