頭皮 加齢臭 シャンプー

ダイエットが加齢臭の原因になる?

ダイエットが加齢臭の原因になる?

 

男女共に、加齢臭が発生し始めるのは、40才以降です。この年代になると、そろそろメタボリックシンドロームも
気になりはじめるという方が多いのではないでしょうか。

 

日本語にすると、内臓脂肪症候群というメタボリックシンドロームは、WHOが1998年に診断基準を定め、
日本では2005年に診断基準が設けられました。診断の基準は「内臓脂肪肥満型」があり、3種類の
危険因子の内、2種類以上の危険因子を持つと、メタボリックシンドロームと診断されます。危険因子とは、
高血圧、高血糖、高脂血症の3種類です。

 

自治体や企業でも、メタボリックシンドロームの基準を取り入れる所が増え、今では健康診断でメタボリックシンドロームと
診断される人も増えているようです。自分の体型が少し変わって来たかな?という方は、健康診断の結果をみる時に
ドキドキしてしまいますね。

 

ダイエットをする事で、メタボリックシンドロームの診断から逃れようとする方も、少なからずいると思います。が、
以外な事に、ダイエットが体臭の原因になり、加齢臭を悪化させる場合があります。

 

食事の制限や運動、サプリ等、今ではさまざまなダイエットの情報が溢れています。ところが、食事を極端に減らす過度なダイエット
などで一時的な飢餓状態になると、人間の身体は通常のブドウ糖ではなく、皮下に貯蔵されている脂肪を分解させて、
体を動かすためのエネルギー源にするようになります。それが血液の中にある遊離脂肪酸を夥しく増やし、皮脂腺や汗腺から
分泌され、強い体臭を放つ場合があるのです。

 

また、過度なダイエットをストレスと感じる方も少なくないでしょう。加齢臭を発生させる活性酸素は、ストレスで増加することもあります。
たとえ体臭がなくても、極端な食事制限は体にとって、非常な危険を伴います。カロリーの制限があっても、きちんとバランスのとれた食事を摂り
適度な運動を取り入れ、少しづつ体重を落としていくのがベストなダイエットです。
もちろん、メタボリックシンドロームの対策は大切ですが、それが元で加齢臭を悪化させるのは避けたいものです。
ヘルシーなダイエットでメタボリックシンドロームを克服し、加齢臭を近づけないようにしましょう。