頭皮 加齢臭 シャンプー

女性にも加齢臭はある。

女性にも加齢臭はある。

 

一般的に、加齢臭のイメージは中高年の男性特有のニオイが連想されますが、加齢臭は男性特有の
ものではありません。女性でも加齢臭は発生します。

 

30代後半から40代になると、女性にも徐々に加齢臭があらわれてきます。これは、女性ホルモンの
減少と密接に関わっています。

 

男性の加齢臭は40代以降から発生することが多いのですが、女性の場合その10年後、平均すると50代からが多い傾向にあります。
なぜ10年の差が生じるかというと、女性が40代の頃は、まだほとんどの方が閉経を迎えていません。まだ女性ホルモンの分泌が多いため、
加齢臭が起こりにくいのです。それは皮脂の酸化を女性ホルモンおさえてくれるためで、女性ホルモンが体を守ってくれているとも言えます。

 

ところが50代に入り、過ぎ閉経を迎えるようになると、男性とほぼ条件が同じになります。

 

加齢臭を悪化させる元となる、喫煙、アルコールの摂取については、女性も男性同様、なるべく控えたいものです。

 

 

しかし、女性にも加齢臭があると言っても、加齢臭と言えば、圧倒的に男性のイメージです。これは加齢臭が発生する仕組みにあります。
人間の汗腺の中にある、皮脂線から分泌される脂肪酸と過酸化脂質が結合し、酸化される事で加齢臭は発生します。
女性は男性と比較すると、皮脂線の動きが緩やかなために、加齢臭の元になる物質が少ないのです。

 

けれど、女性ではあっても加齢臭はいつのまにかしのびよってきます。30代後半から40代以降になって、「もしかしたら」
と思ったら、早めに対処し、加齢臭を撃退しましょう。