頭皮 加齢臭 シャンプー

社会的問題にもなるスメハラとは

社会的問題にもなるスメハラとは

 

自分でも気づかない内に、自身のニオイで職場で一緒に働いている人達を不快にしている可能性があります。
きちんとニオイのケアができないばかりに、周りに迷惑をかけるスメハラ(スメルハラスメント)は、今や社会問題に
さえなってきているのです。イヤなニオイとして連想される体臭ばかりでなく、女性の強すぎる香水や、柔軟剤に
使われている香料の強いニオイも、人によっては不快と感じる場合があるという事です。けれど、ニオイを発散
している本人は、自覚のない事が多いので、他人を不快にしている、ましてイヤガラセをしよう等と思っている
わけではないので、パワハラやセクハラといった問題に比べても、解決が困難な分、深刻な問題に発展する
場合もあるようです。

 

ニオイの問題と聞くと、最近良く耳にする「加齢臭」を連想する方も多いでしょうが、実際問題として、一番
嫌われるニオイといわれるのは、30〜40歳の男性に多い「ミドル脂臭」と呼ばれる物です。
このミドル脂臭が発生しやすい部位が、頭から首の後ろである事が多いため、自分では気づかない内に、強烈なニオイを
放っているというケースが多いのが問題なのです。本人には周囲に迷惑をかけているなどという自覚がないのに、
いつのまにか、職場の中で敬遠されてしまうことにもなりかねません。

 

30代半ばから、40代半ばの男性は、20代のニオイの元である汗のニオイも残っているし、少しづつ加齢臭も
出始めます。加えてミドル脂臭と、男性の中では一番ニオイに気をつけなければいけない年代なのです。
ミドル脂臭の原因となるのは「ジアセチル」と言う物質なのですが、ジアセチルは汗の中に含まれる乳酸が、頭皮に常に
存在しているブドウ球菌によって分解され、生成されます。ミドル脂臭は、古い油に例えられ、廃油のようなニオイが
するのが特徴であり、男性よりも特に女性が嫌うニオイであるとも言われます。

 

ミドル脂臭の原因であるジアセチルは、口臭や足のニオイよりも強いものであり、揮発性が高くひろがりやすいという
性質もあるため、加齢臭と比べても厄介なニオイといえます。しかも、後頭部や首の後ろ側にニオイが出るために、
自分自身ではなかなか気づきにくく、知らない間にまわりに迷惑をかけてしまっているという深刻な事態に陥って
しまいます。

 

自身がミドル脂臭かもしれない少しでも感じたら、一日も早い対策が必要です。
ミドル脂臭は、後頭部と首の後ろからニオイが発生しやすいので、洗髪をする時は頭頂部から首にかけて、シャンプーをよく泡立て、
丁寧に洗い、すすぎは念入りにしましょう。使用するシャンプーは、植物性のフラボノイド成分を含んだカンゾウやケイヒ、
殺菌作用のあるトリクサロンなどを配合しているものがおすすめです。

 

次に、首の後ろも丁寧に洗い流すことが大事です。シャンプーと同じ成分が含まれてる石鹸、ボディーソープを使用するか
加齢臭や汗のニオイを防ぐための消臭・殺菌成分であるイソプロピルメチルフェノールという成分が含まれている専用商品を
使用し、シャンプー同様よく泡立て、えりあしの部分から首すじまでしっかりと洗い、十分にすすぎましょう。

 

体のニオイには、生活習慣が関わっていることも少なくありません。過度のお酒やタバコは体のニオイを悪化させます。
飲酒や喫煙の量をなるべく控え、適度な運動を習慣にする、それに加えて食生活を見直して、栄養バランスのいい
食事を摂ることが大切です。特に気をつけなければいけないのは、普段摂っている脂質です。脂質は体臭の一因でもあるのですが、
人間にとって、欠かせない栄養素の一つでもあり、絶対に摂らないというわけにはいきません。体臭が気になる場合、動物性の脂肪は
ニオイ物質の元になりやすいため、オリーブオイル、シソ油やゴマ油といった、植物性の脂肪を多く摂るようにしましょう。

 

自分では気づかない内に、周囲の人に迷惑をかけてしまうスメハラ。一人の社会人として、自分自身のニオイケアを
怠らないようにしたいものですね。