頭皮 加齢臭 シャンプー

悪い汗は加齢臭を悪化させる

悪い汗は加齢臭を悪化させる

 

加齢臭を悪化させる原因の一つに、汗の匂いがあります。「汗くさい」という言葉どおり、汗は
「いやなニオイのするもの」と決めつけがちですが、実際には汗そのものに、ニオイはほとんどないのです。
汗には「いい汗」と「悪い汗」があります。この「悪い汗」が、加齢臭のニオイを悪化させます。
両者の違いはどこから来るのでしょう。

 

「汗でベタベタして気持ちが悪い」などと、暑い時期になるとよく耳にします。悪い汗とは、そのベタベタの汗です。
人間の汗腺には、血液の中に含まれるミネラル分を濾過するという働きがあります。機能の低下で、うまく濾過できないと、
ミネラル分の多い、いわゆ「ベタベタ、ベトベト」の「悪い汗」になります。

 

ミネラル分を大量に含む汗はそれだけ蒸発しにくく、身体の体温調節も困難になります。その上、アンモニアなどの
ニオイ成分が含まれるため、そこから汗のニオイが発生します。アンモニアは皮膚の表面をアルカリ化する作用が
あり、それが原因で、雑菌が繁殖し、ますます汗のニオイが強くなってしまいます。

 

それに反して、「良い汗」は、ほとんど塩分を含まない、水のようなサラっとした汗です。本来の弱酸性で、
蒸発しやすいために、皮膚に常在している菌の繁殖も抑制します。色もニオイもなく、無菌なためにほぼ無臭です。
それでは、悪い汗をかかないためにはどうすればいいのでしょうか?

 

現代人は、空調や、移動手段の発達で、昔に比べて汗をかく回数が少なくなっています。汗をかかなくなると、
汗腺の機能が衰退し、角質などの不要なものが汗腺に詰まってしまいます。それがますます「汗をかけなくなる」
という悪循環を引き起こします。この事により汗腺の濾過機能が低下し、汗はベタベタの「悪い汗」になります。

 

「悪い汗」を「良い汗」に変えるためには、日頃から適度な運動心がけることが大事です。適度な運動は健康にも
とても効果がありますし、汗線の機能を正常な状態に保つ手助けにもなります。けれど、ハードな運動は活性酸素を
発生させる元になり、加齢臭の原因となるノネナールを増やしてしまうこともあるため、おすすめしません。
適度な運動で、日頃からいい汗をかくのが、加齢臭の対策につながります。

 

適度な運動以外の対策では、普段の食生活の見直しがあげられます。現代人が好んで食べる肉には消化しにくいという特徴があり、
その事が体臭の元になります。これを緩和してくれるのが野菜です。肉料理を食べる時は、野菜もたっぶり摂るようにしましょう。