頭皮 加齢臭 シャンプー

加齢臭を好ましいと思う女子って?

加齢臭を好ましいと思う女子って?

 

自分自身でも、周りの人からも厄介者扱いされ、嫌われる加齢臭。でも、世の中にはわずかながら
加齢臭を好ましいと思う女子がいるようです。どうして彼女達は加齢臭が好きなのでしょう?

 

加齢臭が発生する元になるのは、ノネナールというニオイ物質です。ノネナールは、毛穴の内部にある、
皮脂線から分泌されるパルミトオレイン酸という物質が、過酸化脂質と結びつき、発生します。
ノネナール発するニオイがいわゆる「加齢臭」と呼ばれるわけですが、「ブルーチーズのニオイ」「古いタンスや押入れのニオイ」
「古い油のニオイ」「ろうそくみたいなニオイ」などがよく言われる表現です。いずれにせよ、決していいニオイというわけではありません。
ところが、世の中にはこのどう見ても、いやなニオイとしか思えない加齢臭が好きという女性もまれに存在するようです。

 

人間のニオイの好みは、個人差があるのは事実です。例えば、独特のニオイのあるキムチなどは、大好きな人もいれば、
顔をそむける人もいるでしょう。加齢臭の例えによく使われる、ろうそくやチーズなどのニオイも、中には好きという人もいるかも
しれません。その時々の精神状態によっても、ニオイの好みは変わってくるものですし、一概に全ての女性が加齢臭を
嫌うとはいいきれません。ただし、加齢臭が好きという女性は、一種の勘違いをしている可能性もあります。

 

女性が子供から成長し、お年頃になってくると、自分とは違うタイプの遺伝子を持つ男性を好む傾向があります。
反対に、自分と似ている遺伝子を持つ男性に対しては、本能的に拒絶感を示します。その好き嫌いを判定するのは
女性の鋭敏な嗅覚です。ようするに、遺伝子が自分と似ている父親のニオイは嫌いでも、父親と同じ世代の
男性のニオイを好ましいと感じる女性がいても、不思議ではありません。

 

また、女性に「アンドロスタジエノン」という、男性フェロモンの中でも、威力の高い物質のニオイをかいでもらうという研究をおこなった
ところ、女性の脳の中の性的な錯覚をつかさどる部分が興奮するという報告もあります。アンドロスタジエノンは無臭なので、
ニオイで判別するのは不可能ですが、たまたま加齢臭のある男性が発散していた男性フェロモンが、ニオイをかいだ女性の
本能的な部分を刺激した事から、「加齢臭は好ましい」と感じる女性もいるのではないかという事です。

 

とは言うものの、加齢臭が好きという女性はわずかな数で、嫌いと答える女性が圧倒的に多いのは事実です。
加齢臭が気になりだしたら、やはり正しい対策をするのが一番です。