頭皮 加齢臭 シャンプー

加齢臭は病気のサイン?

加齢臭は病気のサイン?

 

自分の加齢臭を感じだすと、何か悪い病気にでもかかっているのではないかと、気がかりになる方もいるでしょう。
加齢臭が病気に直結しているかどうかというと、現在のところは明らかにされていません。
かと言って、体のニオイが病気と深く関わっている場合もあるので、一概に安心とは言えないのです。
体のニオイが病気と結びついているケースも多々報告されています。

 

仕事に忙しすぎて、お酒やタバコの量がどんどん増えていく、つい食べすぎ、飲みすぎてしまう。
わかってはいるが、運動不足になりがち。こういった日々のストレスや、生活習慣が、動脈硬化の進行を早め、糖尿病や
高血圧という生活習慣病の進行をも早めるのは、今ではよくわかっていることです。

 

ストレスや生活習慣が加齢臭の原因となるのは、よく知られていることですが、ある特定の病気にかかるとその病気
独特のニオイが出る場合があります。その例をいくつかあげてみます。

 

*魚臭症候群・・・魚のようなニオイ
魚臭症候群(トリメテルアミン尿症)にかかると、体臭や口臭が、魚が腐ったようなニオイに変わります。
この病気の原因は、体の代謝機能正常に働かない事です。食べた物を消化する時にトリチルアミンという物質が発生するのですが、
正常な状態では分解され、無臭になって体の外に出ます。しかし、これを分解するための酵素が病気により欠如してしまうことが、
魚の腐ったようなニオイを発生させる原因です。

 

 

*糖尿病・・・甘酸っぱいニオイ
糖尿病にかかると、体臭や尿が甘酸っぱいアンモニア系のニオイに変わります。血液中の糖分が過剰になってしまい、血糖のコントロールが悪くなると
血液の中でアセトンという物質が生成されます。このアセトンのニオイが甘い砂糖のようなニオイなので、体臭や尿も甘酸っぱいニオイになってしまうのです。

 

 

*汗にアンモニア臭
疲労やムリなダイエットで、腎臓の機能が低下している時は、汗をかいたときに酸っぱいアンモニアのニオイがする時があります。

 

*頭のニオイが気になる
頭のイヤな臭いの原因の一つに「脂漏性皮膚炎」があります。いわゆる「湿疹」の一つで、頭皮は皮脂腺が多く皮脂の
分泌がさかんなために起こりやすい病気です。頭にできると、頭皮がはがれおちるため、フケと勘違いしやすいのですが
これをほうっておくと皮脂の酸化を招き、加齢臭と同じようなイヤなニオイを発するようになります。
中高年になると増えてくる病気で、原因としては過酸化脂質による刺激やビタミンの欠乏、お酒の飲みすぎ、糖尿病、
ストレスや肝疾患からくるもの等、さまざまです。

 

体臭が病気のサインを出している場合もあります。ご自分の体臭が、加齢臭なのか、それとも何か他に原因が
あるのかと迷ったら、自己判断せずに医師等に相談してみましょう。早期発見が、早期解決の近道です。